終末と預言の時代 by パウロ秋元師  9/19/2007
Flyer
 
『神は言われる。
終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたたちの息子と娘は預言し、
若者は幻を見、老人は夢を見る。
わたしの僕やはしためにも、そのときには、わたしの霊を注ぐ。
すると、彼らは預言する。
上では、天に不思議な業を、下では、地に徴を示そう。
血と火と立ちこめる煙が、それだ。
主の偉大な輝かしい日が来る前に、
太陽は暗くなり、月は血のように赤くなる。
主の名を呼び求める者は皆、救われる。』
(使徒2章17〜21節)
 
 ペンテコステで成就したヨエルの預言。ペテロを初めとした弟子たちに聖霊が与えられ、満たされ、異言を語り始め、このときから終末が始まり、聖霊時代がその始まりを告げた。しかし、これは成就した預言であり、また成就していない預言でもある。ペンテコステにおいて、血と火と立ち上る煙はなく、太陽はやみとなっておらず、月も血に変わっていないからだ。これはまだ成就していない。同時に、「主の大いなる輝かしい日」とは、再臨のことと知る時、これはペンテコステの預言と共に再臨の預言であることがわかる。

 エゼキエルの多くの預言は幻でした。ダニエルの見たいくつかの夢は預言だった。さらに聖書は、これらをまとめて、「その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると彼らは預言する」と、預言するという言葉で一括している。ヨエルは終わりの時のことに関して、聖霊の注ぎかけと預言のことを述べているのだ。

 聖書は、愛と賜物を両方を求めよと語っている。中でも特に預言の賜物を求めよと勧めている。癒しでも奇跡でも異言でもなく、特に預言することを熱心に求めよと語っている。確かに預言は賜物の中で特殊な位置を持ち、明らかに他の賜物に優先されて書かれている。なぜか。それは神の働きと神の御心の大きな鍵がこの賜物の中にあるからだ。
 
 
リバイバル聖会 by 有賀喜一師  7/27・28・29/2007
Flyer
 
こうして、教会は
ユダヤ、ガリラヤ、サマリアの全地方で平和を保ち、
主を畏れ、聖霊の慰めを受け、
基礎が固まって発展し、信者の数が増えていった。
(使徒9章31節)
 
(1)手漕ぎボート型クリスチャン:
漕ぐ!漕ぐ!!漕ぐ!!!力を尽くして!
しかし、人間の力には限界があることを知ることになる。
(2)ヨット型クリスチャン:
風に乗ってス〜イスイ!風さえあれば、どこまでも行くよ、絶好調!
しかし、風が止んだときは?
(3)原子力型クリスチャン:
人間が制御し切れない原子力パワーは、まさに聖霊パワー!
クリスチャンは、限りない聖霊パワーで動き続ける!御国に至るまで。
 


こうすりゃ家族は明るくなる by 中野雄一郎師  7/22/2007
Flyer
 
ヤコブよ、なぜ言うのか イスラエルよ、なぜ断言するのか
わたしの道は主に隠されている、と
わたしの裁きは神に忘れられた、と。
あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
主は、とこしえにいます神 地の果てに及ぶすべてのものの造り主。
倦むことなく、疲れることなく その英知は究めがたい。
疲れた者に力を与え/勢いを失っている者に大きな力を与えられる。
若者も倦み、疲れ、勇士もつまずき倒れようが
主に望みをおく人は新たな力を得 鷲のように翼を張って上る。
走っても弱ることなく、歩いても疲れない。
(イザヤ40章27〜31節)
 
世界をまたにかける福音伝道師、男・中野雄一郎見参!! 今月68歳になられたとはとても思えない益々冴え渡る中野節! 『天声妻語』暦40年のキャリアで、ビジネスに、家庭生活に、そして信仰生活に成功する秘訣を教えてくださいました。
 


リバイバル聖会 by 滝元順師  6/15・18/2007
Flyer
 
飢えている人に心を配り、
苦しめられている人の願いを満たすなら
あなたの光は、闇の中に輝き出で
あなたを包む闇は、真昼のようになる。
(イザヤ58章10節)