神学の意味と目的
『宣教なき神学は無駄、神学なき宣教は危険』。神学は、神を愛するための一つの手段なのである。 



神学の応用
世界には多くの教団が存在し、個々のクリスチャン信仰生活も様々。が、聖書は一つ、イエスは一人、信仰は一つだ。この矛盾は? 



聖書解釈の基本原則T
  TEXT: 嵐を静めるイエス
聖書は正しい解釈があって初めて、正しく応用することができる。聖書の読み方の基本中の基本を知ること。 



聖書解釈の基本原則 7ポイント
  
聖書は学問の対象ではなく、生き方の実践です。御言葉を日常生活の中に応用出来て、はじめて理解したと言うことが出来る。 



聖書解釈の基本原則U
  TEXT: 十人の乙女
正しい解釈があってはじめて、正しい応用が可能となる。だから先ず、バランスのとれた正攻法な解釈を学び続ける。 



聖書とは?
全ての価値観を超越して、イエス・キリストという一貫したテーマを語りあげている聖書。その中心に福音が輝いている。 



教会とは?
  TEXT: ヨセフ物語
大宣教命令のゴールが「救い」でなく「弟子化」にあるように、教会の存続目的は信徒達を整え、伝道者を育てることにある。 



伝道とは?
神の愛の恵みによって命が保たれていると知ってもらうこと、そして神の愛に応えるための愛の行為が、伝道。 



十字架とは?
ただ唯一、イエス様の十字架によってのみ、人間は罪のない者とされ、再び神様との愛の関係に戻ることができる。 



異端とは?
聖書にないことをいくら語っても、それは聖書を語っていることにはならない。いつでも御言葉を手にサタンに対抗せよ! 



霊と人間との関係
  TEXT: 放蕩息子
人間は霊的存在である。そしてこの世のあらゆる現象の背後には、「失われた魂の回復」の霊的戦いが繰り広げられている。 



聖霊とは?
聖霊は私達の同意なしに入ってこられることはなく、イエスを主と信じ、告白した者に聖霊が宿られる。 



聖霊のバプテスマ
聖霊を受けるに必要なことはただ一つ。それは、神の国を受け継ぐ神の子供として、神の国と神の義を第一に求めること。 



永遠の神の御国
  TEXT: 善悪を知る知識の木
聖書のたとえ話や預言の内、数字の意味などには深遠なる神の知恵が秘められている。それは語る神から人間へのメッセージ。 



イスラエル
なぜイスラエルなのか。なぜエルサレムが重要なのか。聖書が語る「エルサレムのために祈れ。」の具体的な意味は? 



ロゴスとレーマ
ロゴスを聞き、レーマを受け取る。そして御言葉を霊で知って、御心を求める。キリスト者はこうして神の器となる。 



セルチャーチとは?
セル教会の役割は、人々を現世中心の生活から、礼拝中心の生活へと導くこと! 



教会文章
福音は理解だけでなく、実践しなければ意味がない。実践のひとつでもあり、弟子訓練、伝道に威力を発するのは教会文章だ。 



今まで答えられなかった質問
神様を紹介する場において、しばしば「うっ!」と絶句してしまうノンクリスチャンからの素朴な疑問の答え方。 



聖書理解におけるよくある間違い
サタンはあの手この手で惑わせる。ちょっと「?」と思う時はいつでも、神様の思いを見つめなおそう。 



福音の幕開け
  TEXT: マタイ1章
イエス・キリストを語る福音書は、地上に存在する他のどの書物よりも重要で大切。最初に置かれたマタイ伝からの学び開始! 



メシア到来
  TEXT: マタイ2章
サタンに支配されたこの世の闇の深刻さと、その闇を打ち破るために行なわれた壮絶な霊の戦いを表すメシア誕生の意味。 



宣教の始まり
  TEXT: マタイ3章
ヨハネは「神の国の主権者であるキリストが来られる。悔い改めよ」と通告した。その叫びと共に、イエス様の宣教活動が始まった。